Entries

政府と国民の温度差

台風一過の翌日の新聞の見出しの死亡者数にも衝撃を覚えたが、日に日に増える死亡者にも心が痛む。
今日の朝刊には12都県で73人。
午後、移動中のカーラジオで聞いたニュースではさらに増えて75人。
行方不明者が10数人と言うことなので、3ケタ超えになるのかも。
福島の死者がダントツに多いことに、震災で傷めつけられ台風に傷めつけられ、もうこれ以上福島を傷つけないでと叫びたい気持ちだった。

そして今日の東京新聞のコラムである。
斎藤美奈子さんが「防衛省を防災省に、自衛隊を災害救助中心の隊に再編したっていい」と述べておられたが、大賛成である。
5兆円を超える防衛予算は税金の無駄遣いとしか思えない。
兵器や戦闘機を言い値で買う…バカじゃないかと思う。
値引き交渉は庶民には当たり前である。
…とゆうより、防衛予算に血税を使ってほしくない。
軍備を増強することで、平和国日本の看板を自ら汚している政府。
戦闘地に自衛隊を派遣するよりも、災害時に緊急出動して救援活動をする方がよほど感謝されると思う。

二階だか三階なんてヒトは、「まずまずで収まった」なんて、被災した方々の神経を逆なでする発言をけろけろと吐き、政府答弁のお得意フレーズ「誤解を招いたとすれば」!!で発言を撤回したけど撤回すれば済むことじゃない。
誤解なんてしてませんとも!
まんま、その通りに受け取りましたよ、まずまずってなんすか?!
これだけの被害でまずまず?!

政府と庶民は意識レベルに大きな温度差があるようです。

かつて、東北でよかったとかのたもうた自民党のセンセイもいましたが、自分ちを基準に物事考えてるんですかね。
自分ちは何ともなかった、それって国民の代弁者として全くもって不適格。
こんな内閣は総辞職するべきだと思います。
まぁ、ソーリがソーリだからね、このぼんぼんにも庶民の気持ちは全く通じないでしょう。


もういい加減、私たちはアベを、自民党を、はっきり切るべきではないですか。
税金の使い方がおかしい。
庶民の気持ちに寄り添えない。

私たちももっとちゃんと考えなければいけない。
選挙に行って投票して、それがこの国を変える第一歩なのに、投票率の低さにはトホホである。
その低い投票率で、国民の支持を得ていると勘違いしている政府に三下り半をたたきつけなければ。
低い投票率で得ている与党のくせに、国民の信託を受けたので憲法改正にまい進する…って?はあぁぁ?勘違いにもほどがある。


なんでこんなにプリプリしているのかと言うと、今日、セブンに寄ったんです。
レジに台風19号被害者への義援金募金の箱がありました。
15号の時もスーパーには迅速に?募金箱が置かれた。
国民の、この素早い善意の発露に比べて政府は…
と思うとついプリプリしてしまうのでした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

亀井A子

Author:亀井A子
19年前にスムースダックスの女の子と出会ってからスムースダックスの虜。
4年前に虹の橋を渡ってからは、二代目スムースの女の子を筑波山のふもとのブリーダーさんから譲り受け、2019年8月には弟くんも加わり、楽しい母子家庭を営んでおります。
職業、ケアマネ。
趣味、読書、園芸、終活。
友だち、ごくわずかしかいません。
ぼっちですが人生に満足しています。

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR